ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)

  • 2007.10.19 Friday
  • 14:06
今日は会社に代休をもらった上、朝から寝違えて動けないので、ひたすら映画を見ることにした。そんなわけでレビュー。

正直見るまで、ネタだと思ってた。ロッキー・バルボアのカムバックが映画の中で、「世間の笑いものになる」とさんざん言われていたが、それ以上に、この映画自体がネタだと思ってた。面白いわけがないと思ってた。だから映画館に行かなかった。

面白かった。すこぶる面白かった。ロッキーはカムバックした。

----以上レビュー終わり、以下、映画的視点からの批評-----------------
・大失敗に終わったロッキー5辺りの設定は「なかったことにした」「というか映画自体存在していない」というスタンスで脚本が書かれたことが今回の成功の理由の一つと考えられる。ロッキー5での設定、「脳にダメージが〜」とかを並の人間であれば、通常はなんと辻褄を合わせて、復帰に持って行く脚本を書くだろうが、この映画では完璧にスルー。「そういえば、ロッキーはジムを開いてなかったっけ?」なんてことはありえないから、当然ロッキーはレストランを引退後に経営した設定。これらの神懸かり的なスルーによって無駄なストーリーがなくなり、映画がすっきりと主題を捉えられた。
・「死ぬ場面だけでも」「幽霊でもいいから出たい」と食い下がるタリア・シャイアを拒絶、エイドリアンは画像のみとしたことも上記のように主題を明確にすることに寄与した。
・マリーの息子は別にいらないんじゃないだろうか?最初はこいつが駄目息子に代わって、ロッキーの跡を継いでボクサーにでもなるのかと思ってたが、登場時にはクローズアップされたにも関わらず、その後は終始影が薄かった。この人物に託されたメッセージがまったくわからない。

-------以上、映画批評終わり、以下ボクシングファンとしての雑記---------
,覆鵑妊妊クソンが不人気チャンプなのかまったくわからない。映像を見る限り、ワルーエフさんの54倍、ジョンルイさんの98倍の糖度はもっているように思われる。しかも、アメリカ人らしいし。
▲椒シングファンでない読者諸兄のために説明すると、80年代・90年代にはもはや常識と化していた、「ヘビー級チャンピオンはアメリカ人の黒人」という常識はもはや存在しない。現在は、ヘビー級は主要4団体とも旧ソ連邦のロッキー4に出てきたドラゴのような熊たちに王座を襲われている。もはやアメリカ人のヘビー級チャンプなど黒人ですら出てこない。21世紀のヘビー級チャンプはひたすら鈍重かつスローモーな動き、重いパンチ、長いリーチでスピードを粉砕する。そして、ドイツを除く全世界のボクシングファンは彼らのボクシングが大嫌いだ。「蝶のように舞い、蜂のように刺す」は歴史上のボクサーの姿、現在のヘビー級ファイターは「熊のように這いずり、トドのように刺す」
したがって、今もし、映画で描かれていたような軽やかなフットワーク、シャープなパンチでクリチコを2RでKOするようなスーパーチャンプが現れたら、間違いなく僕とさい1号さんはラスベガスまで試合を見に行く。自信がある。もちろん、全米はマイク・タイソン登場時以上の大熱狂。熱波は海を越えて日本まで来るだろう。
い泙◆一応設定を考えると、ディクソンのモデルはたぶんバーナード・ホプキンスさん(例えるなら森監督時代の西武のような人)。

ディスカバリーチャンネル 猛獣大決戦 Round4 ブルシャークvsカバ

  • 2007.02.27 Tuesday
  • 23:17
以下のレビューは本シリーズの醍醐味である勝敗部分を含みますので、続きは読みたい方だけご覧下さい。
続きを読む >>

宇宙戦争

  • 2007.01.15 Monday
  • 23:07
基本的には100万年前から地球侵略を計画していて、結構な科学力を持って準備していたにもかかわらず、地球の細菌、バイアラスに対処できず、一週間足らずで駆逐されてしまったマヌケなエイリアンを描く作品。

それはともかく、劇中ではアメリカでばたばたとエイリアンが死に始める2、3日前から、大阪ではばたばたエイリアンを倒してたという描写がある。最初は「それでも、関西人なら、関西人ならなんとかしてくれる」という期待かと思ったが、よく考えるとアメリカ人にそんなもののあわれが分かるわけがない。すると。。これはやっぱり。。。

I, Robot

  • 2006.11.20 Monday
  • 00:08
どうにも駄目な映画。正直途中で見るのを止めてしまったので、最後どんでん返しがあった場合は申し訳ない。1時間経過時点までのレビュー。

基本的にまったく原作のロボット3原則の良さを生かせていない。むしろ思う存分殺している感がある。なにしろ相手のロボットにはなぜか、ロボット3原則は適用されていないのだから。主人公は原作だと、ロボットに反対しながらいいピエロを演じる役だが、今回は最後までヒーローのようだ。もうこの時点でアシモフファンならだるくなってしまう。私はこの「人間万歳」的なノリについて行けずとうとう、途中で見るのを止めてしまった。読者諸兄はどうだっただろうか?

シンデレラマン

  • 2006.08.27 Sunday
  • 20:36
久々にレビュー。

ボクシングファンとして、相当に感動した作品。同時期に同じくボクシング物のミリオンダラー・ベイビーが上映されたために日の目をあまり見なかった。
しかしながら、そのストーリー、演技等には見るべき物があり、また作品の主題となっている家族愛も泣かせる。ゲド戦記の7倍の充実感があると言っても過言ではないだろう

ビッグフィッシュ

  • 2004.06.04 Friday
  • 02:56
という映画を見た。もう一昨日の話だけど。 

この映画は、ちょっとおすすめできない。ストーリー展開があまりにも緩慢だからだ。父親が昔を回想するシーンに、ストーリーの構成上必要のないものがきわめて多い。また、幻想的な昔話の雰囲気が売りなのだろうが、それももう一押し足りない、言ってしまえば、親爺の昔話のレベルだ。

そもそも、この映画の主題である父親の昔話というもの自体が、特性として冗長さを持っているのだが、それをリアルに映画に持ち込まれても困る。映画開始から30分間の退屈さは相当なもので、思わず、僕は隣に座っている友達が、どんな表情をしてスクリーンを見ているのかを確認してしまった(彼女はすでになかば意識を失っていた)。

また、もう一つの主題である、子供と向き合う父親、というものも言ってしまえば、どうでもいいことではある。まあ、描き方によってはそれなりになるのだろうが、この映画からはそのような発展的な可能性は見いだせなかった。

結論としては別に1500円を払うほどのものじゃない。300円のDVDレンタル料金ならば別だが。つまり家で暇な日見るには向いてる。

座頭市

  • 2004.05.24 Monday
  • 20:56
を見た。ビートたけしのやつ。

アクション映画で監督と主役が同じというのはちょっとやはりどうかなとおもう。偉大な俳優、ジャッキーチェンもよく言っていたが、やはり監督と主役がアクション映画でかぶっているとどうしても、自分の動きを客観的に見ることができない関係上、演技が完全でなくなる。そんな感じがどうしてもすこしあった。

ところで最後のダンス。一応、祭りということになっているから、あれは奉納しているのだろう。しかし、そうだとすると立ち位置が逆じゃないか?神様に奉納しているのに、神殿の逆を向いて踊ってもねえ。。いや、そんなことを言うのは野暮なのだが、しかし、あまりに違和感がある。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。

recommend

シンデレラマン
シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。

recommend

シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
南條 範夫,山口 貴由
山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。

recommend

鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。

recommend

RAINBOW 1 (1)
RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
安部 譲二, 柿崎 正澄
お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを

recommend

現代マンガの全体像
現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
呉 智英
僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし

recommend

ロートレック荘事件
ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
筒井 康隆
大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい

recommend

鉄腕ガール (3)
鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
高橋 ツトム
お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい

recommend

医学の10大発見―その歴史の真実
医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。

recommend

覚悟のススメ 1 (1)
覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
山口 貴由
好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM