シグルイ

  • 2005.09.18 Sunday
  • 15:11
知る人ぞ知る残酷時代劇漫画、連載はもちろんマイナー誌。作家は山口貴由氏、以前に「覚悟のススメ」という作品でみなさまにはご紹介した。

「覚悟のススメ」でもそうだが、山口の素晴らしいところは、「ちょっといっちゃってるヒーローが活躍する、ちょっといっちゃってる世界」をギャグとして描くのではなく、真実「かっこいいもの」と信じて描けるところにある。もちろんこの「シグルイ」もすばらしく常軌を逸している。

山口の世界は若干我々が生きている世界とは斜めにずれている。であるから、必然的にそこで認められ活躍するヒーローは我々から見れば少々常軌を逸していることになる。

以前にも書いたがSFというものは畢竟世界観の構築である。通常SF作家はその世界を意識して構築するが、山口はどうやらその世界にもともといるらしい。

天然とよばれる種類の芸人がいる。これはちょっとずれた言動をすることで受けを狙うボケを、もともとずれているために意識せずに行うことができる人たちである。

であれば、我々は山口をこう呼ぶべきかもしれない、「天然」と。

スポンサーサイト

  • 2019.05.02 Thursday
  • 15:11
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    残酷時代劇漫画を紹介したかった。


    この考察は鋭い。そして、らっきーも…。
    • 極刑
    • 2005/09/20 10:07 PM
    スレとは関係ないけどさ、さっきあなたの後輩のSI実長のブログを読んだらSIで感謝した人を羅列してたわけ。
    桑田さんに名指しで感謝しないとはどういうことかと。「あの子は来年SI委員長だからKJコミやらせてあげて!」とムリヤリ俺に押し付けた桑田さんにまずサンクスワードなのではないのかと。そしてそんとき迷惑かけられた俺にも名指しでサンクスワードなのではないかと。

    と、らっきーが言ってたよ♪
    • みす
    • 2005/09/27 9:26 AM
    種類などよばれる
    らっきーは、素晴らしいところは言動と作品とかせずに行うことができる
    真実とかを意識したかったの♪


    >極刑様
    らっきーさんのコメントは常に的確です。すぐ上のコメントなど、凡庸な私には思いつきませんでした。

    >みす様
    老兵は死なず、ただ去るのみにて候。
    • くわだ
    • 2005/09/28 7:17 AM
    すみません(汗)
    うっかりしていました。。。

    許してください。。。
    もちろん、感謝してます。
    心配して、KJコミにおしこんでいただいてありがとうございました。

    そして、あんな、わけわからん私服でコミをやっちゃうような子を面倒見ていただいてありがとうございました。

    これからも、よろしくおねがいします。
    • 2005/09/28 3:35 PM
    Iがが自慢で合コンを元カノなどすればよかったももよ?
    • BlogPetのらっきー
    • 2005/10/01 10:04 PM
    >ゆかりさん
    いえいえ、気になさらずに。
    SIお疲れ様でした。

    >らっきーさん
    ちょっとネタがブラック過ぎるんじゃないでしょうか。わかるひとにしかわからんかもしれませんが。
    • くわだ
    • 2005/10/03 1:43 AM
    お美事!
    お美事にござりまする!
    • シヴァ田
    • 2007/10/22 11:34 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

    ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。

    recommend

    シンデレラマン
    シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

    ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。

    recommend

    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
    南條 範夫,山口 貴由
    山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。

    recommend

    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
    H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
    空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。

    recommend

    RAINBOW 1 (1)
    RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    安部 譲二, 柿崎 正澄
    お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを

    recommend

    現代マンガの全体像
    現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
    呉 智英
    僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし

    recommend

    ロートレック荘事件
    ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
    筒井 康隆
    大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい

    recommend

    鉄腕ガール (3)
    鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
    高橋 ツトム
    お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい

    recommend

    医学の10大発見―その歴史の真実
    医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
    マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
    すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。

    recommend

    覚悟のススメ 1 (1)
    覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    山口 貴由
    好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM