NAFAT

  • 2005.12.05 Monday
  • 07:27
 今日は久々にディベートのことを書こうかと思います。本当に久しぶりに。
 
 NAFATに猛烈な忙しさの中行ってきました。いろいろありまして、到着が19:00ぐらいだったので、Iとう君の引退試合は見れませんでした。どんな感じだったのでしょうか?悔いなく引退できていると良いとは思うのですが、まあ、何もプライズを取らずに引退して悔いがないわけはないので、きっと来年も彼の勇姿を見ることができるでしょう。そう考えると、まあ今回見れなかったのも、ぎりありじゃないかなあと思っています。
 
 櫻井君は、一年ぶりとは思えないほど上手くなってました。今まで自分が見た彼のパフォーマンスの中でも、相当な仕上がりでした。勝負には負けたものの、まず満点でしょう。どちらかというと負けた原因はあのケースにあるかと。3年前にあのケースに関わったものとして極めて遺憾です。まさか後輩が自分が負けたのと同じような理由で負けるとは。。欠陥商品を勧めてしまいました。申し訳ない。
 
 あとディベート関連で特筆するべきはFinalのIちのみや君の1ARでしょう。自分も同期のディベートセクション員がいない中で、後輩を引っ張って1ARだけでAFFで勝つということを考えてAFFをやってきましたが、とうとうそのスタイルでは、ベストエイトを超えることはできませんでした。Aらかわさんも、現NAFA会長も(バードンは違えど)そのスタイルでファイナルまで行っていますが、優勝はしていません。おそらく結構前までさかのぼってもそのスタイルで優勝したディベーターはいないでしょう(しかも、自分が2Rでない方のバードンを決勝で引いて)。
 その意味、今回彼が成し遂げたことは偉業であり、金字塔です。決勝の相手も、実力に全く疑いのないKDSのベストパンツと呼べる好敵手であり、運にすら助けられてはいません。それだけ彼の1ARの能力は卓越していました。あの5分間のスピーチに関しては全くの無謬であり、付け足すべきところも削るべきところもありません。黄金の5分間といえるでしょう。さらに、彼のために加えて、そのスピーチが「英語の発音・文法」に関しても完璧だったということを告げておきます。今後は彼が指導者としてあの能力を関西のディベート界に普及させていくことを望みます。

 ともあれ、3万円出して見に行っただけの価値はある大会でした。来年もまた、ディベート会場でお会いしましょう。

スポンサーサイト

  • 2019.05.02 Thursday
  • 07:27
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

    ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。

    recommend

    シンデレラマン
    シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

    ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。

    recommend

    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
    南條 範夫,山口 貴由
    山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。

    recommend

    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
    H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
    空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。

    recommend

    RAINBOW 1 (1)
    RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    安部 譲二, 柿崎 正澄
    お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを

    recommend

    現代マンガの全体像
    現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
    呉 智英
    僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし

    recommend

    ロートレック荘事件
    ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
    筒井 康隆
    大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい

    recommend

    鉄腕ガール (3)
    鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
    高橋 ツトム
    お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい

    recommend

    医学の10大発見―その歴史の真実
    医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
    マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
    すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。

    recommend

    覚悟のススメ 1 (1)
    覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    山口 貴由
    好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM