戦争の科学-古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

  • 2009.07.07 Tuesday
  • 21:09
 今日から再び、読書のレビューをまともにつけてみようと思う。理由は以下二点。

 ヾ愿譴傍△辰討て通勤時間が飛躍的に増えたため、読書時間も飛躍的に増えた。

読者諸兄はご存じのように、私は少なくとも2年に一度は住みかを変える運命の下で生きている。別に好んでそうしているわけではないのだが。18歳で家を出てから30歳になろうかという今日までに、住民票の異動届を出した回数は11回だ。ここしばらくは、4年ぶりに関東に住んでいる。あるいは11年ぶりに神奈川県民になっている(余談だが神奈川県南部は個人的に大好きだ)。この移動に伴い通勤時間が15分(自転車通勤)から1.5時間(内電車利用1時間)に劇的に増えた。基本的に私は活動に制約を受ける時間はすべて読書に使うため、毎日2時間読書する生活となった。

◆”淪棆搬欧料加に伴う金銭的困窮

この3ヶ月間で扶養家族の数が0人から一気に2人に増加した。理由は妻の退職と出産。それに伴い、うかうかと以前のように食費よりも本代のほうが家計に占める割合の大きい生活を営むことは困難になり、結果図書館通いを始めることとなった。図書館で借りた本は返す必要がある。返したら忘れるは人間の真理である。せめてインデックスでもつける必要があるかと思い、自己満足のため、レビューを書くことにした。

さて、前置きはこの程度にしておいて、レビューを始める。ちなみにレビューは短め。

この本はひたすらに、戦争にいかに科学が利用されたかを、なぜか少し誇らしげに語るものである。通常、この手の本だとやや悲しげに語るため、その点は少し変わっている。なにしろ本が古いため、カタパルトから始まって、スマートボムあたり、つまり湾岸戦争のあたりで記述が終わっており、現代の軍事革命であるRMAについて、記述がないことについてはやはり残念である。ただ、いかに数学や化学が軍事に寄与したかについての記述は詳細で適切であり評価できる。

スポンサーサイト

  • 2019.05.02 Thursday
  • 21:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    新たなる読書ライフの幕開けですか。

    辛口レビュー待ってますよ。
    • 2009/07/27 1:50 AM
    ぼちぼちですねえ。
    • くわだ
    • 2009/08/01 1:23 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

    ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。

    recommend

    シンデレラマン
    シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

    ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。

    recommend

    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
    南條 範夫,山口 貴由
    山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。

    recommend

    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
    H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
    空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。

    recommend

    RAINBOW 1 (1)
    RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    安部 譲二, 柿崎 正澄
    お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを

    recommend

    現代マンガの全体像
    現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
    呉 智英
    僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし

    recommend

    ロートレック荘事件
    ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
    筒井 康隆
    大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい

    recommend

    鉄腕ガール (3)
    鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
    高橋 ツトム
    お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい

    recommend

    医学の10大発見―その歴史の真実
    医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
    マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
    すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。

    recommend

    覚悟のススメ 1 (1)
    覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    山口 貴由
    好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM