スポンサーサイト

  • 2019.05.02 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ロートレック荘事件

    • 2004.06.05 Saturday
    • 00:00
    筒井康隆の推理小説の傑作。

    筒井のらしさが非常にいい意味で出ている。ともすれば、過剰になり、美しさを欠くことも多い、前衛小説としての技法が推理小説という特殊な条件において文学的トリックとして活きている。まさに映像化不可能の傑作である。

    19世紀前半にアラン・ポーが推理小説というジャンルを創始して、わずかに100年、大正年間には江戸川乱歩は「推理小説の全てのトリックは出尽くした」と嘆くに至った。この乱歩の嘆きは我々現代の推理小説の読者にはより深刻である。もちろん、推理の小道具はより増えた、プロファイリング、DNA鑑定、etc...  しかし、それらはより犯罪のトリックを制限し、作者に対してより大きな負荷を掛ける。

    見よ!現代の推理小説を。それらはすでに、そういった科学犯罪捜査に対して、完全犯罪の成功をあきらめ、そういった、大仕掛けの犯罪捜査ができない場所、つまりは山荘や、孤島などでの犯罪に終始する姑息な犯罪者で溢れている。

    それら姑息なトリックに対して、この小説でのトリックは新鮮で、読者を驚かせるのに十分である。もし読んでいない人がいたら、ぜひ、一度読んで頂きたい。

    スポンサーサイト

    • 2019.05.02 Thursday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      読みました。最後まで字を追う私の両目と、ページを捲らんとす手先とを止めることは出来ませんでした。解説にある通り注意深く読まなければ、物語を見失う危険性すらある。一人称の怪奇。
      良い意味で志賀直哉言うが如く「読者に背負い投げを食らわせ」る作品です。
      • 極刑
      • 2004/07/31 1:06 AM
      でしょう。この小説はおもしろいっすよ。
      最後は「おい、そこかよ」って感じになります。
      • くわだ
      • 2004/08/01 9:05 PM
      俺があいつであいつが俺で…

      キャッ!
      • 極刑
      • 2004/08/01 9:21 PM
      すごいっすよ
      • 高木
      • 2004/12/01 1:52 PM
      これまじ感動するっすよ
      • すっぽんこ
      • 2004/12/01 1:54 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ロートレック荘事件 新潮文庫 筒井 康隆 作者に騙されたのか、単なる読者の主観的な勘違いなのか…。その境界を忘れてしまうほど、ページを捲らせる瞬発力がこの作品には内在する。注意深く読んでいるつもりになっている読者はついに錯覚に陥るだろう。私もその一
      • 思惟
      • 2004/09/11 11:40 PM
      筒井 康隆 「ロートレック荘事件」 ★★★ 夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年達と美貌の娘達が集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。2発の銃声が惨劇の始まりを告げた。1人また1人、
      • 今日できることは明日でもできる。
      • 2007/11/09 7:47 AM
      はじめに  オフ会で話題にのぼった一冊だったので、読まなきゃ、という変な正義感に駆られて手を出した……んですが正直、僕の趣味には合いませんでした。筒井康隆がかなり変なも ...
      • 有沢翔治のlivedoorブログ
      • 2011/07/22 12:53 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
      ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

      ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。

      recommend

      シンデレラマン
      シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

      ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。

      recommend

      シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
      シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
      南條 範夫,山口 貴由
      山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。

      recommend

      鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
      鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
      H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
      空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。

      recommend

      RAINBOW 1 (1)
      RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
      安部 譲二, 柿崎 正澄
      お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを

      recommend

      現代マンガの全体像
      現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
      呉 智英
      僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし

      recommend

      ロートレック荘事件
      ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
      筒井 康隆
      大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい

      recommend

      鉄腕ガール (3)
      鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
      高橋 ツトム
      お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい

      recommend

      医学の10大発見―その歴史の真実
      医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
      マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
      すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。

      recommend

      覚悟のススメ 1 (1)
      覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
      山口 貴由
      好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM