<< ロートレック荘事件 | main | ネアンデルタールの悩み >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.10.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    続 C.A.P.

    0
      現在英語ディベート 関東・関西で68部、日本語ディベートで8部ご購入頂きました。

      皆様ありがとうございます。特に関西の皆様、品切れを起こしまして、大変申し訳ありません。E-Wで販売するべく、今日第2刷を刷ります。それと同時にNAFAのHPからのご購入もできるようにしますのでいましばらくのご辛抱を(しかし、このHPを関西の人が見ていらっしゃるだろうか?いや、ない。所詮はマイナーページ)

      しかし、日本語ディベート界でまったく売れない。編集長として、相当配慮して英単語や専門用語を編集して削って作ったのだが。。やはり、自分が日本語ディベートの客層を知らないのが問題を難しくする。

      いっそ、第2号はよりEnglish Debate Orientedなものにしてやろうかともくろむ昨今。どこまで通せるかはわかりませんが、こうご期待。




      スポンサーサイト

      0
        • 2013.10.10 Thursday
        • -
        • 09:35
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        関君、↓でのTrackbackありがとー。

        ただ、実は出版はNAFA出版会じゃなくて、ディベートフォーラム出版会っす。いかに実質的にNAFAだけで作ろうが、いや、むしろそれだからこそ、声を大にして、「"ディベートフォーラム出版会"が作りました!」と言わねばならない。そんな日もある。
        • まちゃ
        • 2004/06/08 10:33 AM
        直しときました☆
        というか、あの単語表記ではまだ日本語ディベーターはつらいと思います。正直、英単語を全て削るくらいのつもりでやらないと。かといって、「内因性が・・・」とか書くのもどうかと思いますけど。明後日は日本語の高校生大会のジャッジをするので、会場で現物を携えて感想を聞いてみます。
        • seki
        • 2004/06/11 10:56 AM
        そうなんだよねえ。

        ただ、「英語を完全に削ってくれ!」というのは著者に負担がかかりすぎるんだよね。というか、すでにいくらかのディベート用語に関しては、なんて日本語で言うのか知らないものも多いし。

        難しいもんです。

        • まちゃ
        • 2004/06/11 3:34 PM
        CoDAと弁論部の面々に感想を聞いてきました。高校生は厳しいみたいですが、大学生ならあの程度の英単語が混じっていても読めるそうです。ただ、立論を作るまでの作業は日本語の大学生でも高校生でもほとんど変わらないので、ぶっちゃけあんまり需要がない、と(高校生の感想です。当然と言えば当然かもしれません)。むしろCounterPlanとかTopicalityを理解していない人が日本語界(特に大1・2年)には多いので、そっちのわかりやすい解説本が出れば飛びつくんじゃないか、ということでした。あと、いろんなコミュニティの人と話した感想ですが、Advanced Debateを翻訳すれば、まじめな話、1000部は売れます。

        ついでに、CoDAに「もっとNAFAと連携すべきだ!」というのを延々と説得してきました(要するにLibraryに書いてるような話)。意外に広範に理解を得られたので、おそらく近いうちに新規開拓経由か何かでコンタクトがあるものと思われます。そのときは暖かく対応してあげてください。ではでは。
        • seki
        • 2004/06/14 9:16 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
        ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

        ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。
        recommend
        シンデレラマン
        シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

        ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。
        recommend
        シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
        シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
        南條 範夫,山口 貴由
        山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。
        recommend
        鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
        鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
        H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
        空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。
        recommend
        RAINBOW 1 (1)
        RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
        安部 譲二, 柿崎 正澄
        お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを
        recommend
        現代マンガの全体像
        現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
        呉 智英
        僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし
        recommend
        ロートレック荘事件
        ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
        筒井 康隆
        大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい
        recommend
        鉄腕ガール (3)
        鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
        高橋 ツトム
        お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい
        recommend
        医学の10大発見―その歴史の真実
        医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
        マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
        すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。
        recommend
        覚悟のススメ 1 (1)
        覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
        山口 貴由
        好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM