<< 白き異邦人 | main | UT-Exchange >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.10.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    クイーンエメラルダス

    0
      言わずとしれた松本零士の宇宙海賊物。

      正直、私の中で松本零士の評価は低かった。それはおそらく銀河鉄道999という素晴らしく名前は売れているが、ストーリー漫画として正直低い点を付けざる終えない作品と、アニメの方があからさまに良くできている宇宙戦艦ヤマトのせいであろうと思う。

      上記2作品に関して僕の評価が低いのは、そのストーリーやキャラクター設定の問題ではなく、そのコマ割の問題である。このような古い漫画家では頻繁にあり、またその当時はそもそも技法が確立されていないために仕方がないのだが、コマとコマの間にあまりにもストーリー上の大きな隔たりがあり、そのために全体が大味な印象になるのである。

      評論家の呉智英氏によれば、このコマ割の技法が緻密になってきたのは、週刊誌が漫画の発表媒体の主体となってきて、より一つの話に多くのページを使うことができるようになった後のことらしいi ので、月刊誌が主体であったころの作家である、松本の作品のそうした傾向を持って、彼を攻める要因とするのは酷である。むしろ、その時代に生きながらも、現代でも違和感のないコマ割で作品を書いていた手塚がずば抜けているとするべきであろう。しかしながら、やはり現代の技法に慣れた私の目ではやはり彼には高い点数をつけられない。

      話がそれた。この作品でもやはり上記のような欠点はあり、そしてまた、時代が時代故に、(現代からすれば)異常に「男らしさ」のようなものを強調するところはあるが、しかし少年マンガとして、少年に夢を持たせる、夢を持つというロマンを、さらに宇宙、海賊という古典的なまでに(実際に漫画としてはこの作品は古典であるが)ロマンチックなシュチュエーションの中で描いていくこの作品は、「ロマン」という一点に集中しているだけに見るべき物があるように感じられる。

      i 呉智英 「現代マンガの全体像」 株式会社双葉社 1997


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.10.10 Thursday
        • -
        • 03:28
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
        ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

        ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。
        recommend
        シンデレラマン
        シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

        ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。
        recommend
        シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
        シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
        南條 範夫,山口 貴由
        山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。
        recommend
        鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
        鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
        H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
        空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。
        recommend
        RAINBOW 1 (1)
        RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
        安部 譲二, 柿崎 正澄
        お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを
        recommend
        現代マンガの全体像
        現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
        呉 智英
        僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし
        recommend
        ロートレック荘事件
        ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
        筒井 康隆
        大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい
        recommend
        鉄腕ガール (3)
        鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
        高橋 ツトム
        お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい
        recommend
        医学の10大発見―その歴史の真実
        医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
        マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
        すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。
        recommend
        覚悟のススメ 1 (1)
        覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
        山口 貴由
        好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM