Macに帰ってきて。

  • 2004.08.09 Monday
  • 07:10
Macに帰ってきて(部分的にだが)、もうぼちぼち一週間が経とうとしている。

僕はMacを嫌い、Macにあきれ果てて、ここ2年間ばかりWindowsのPCばかり使ってきた。けれども、たまにMacを使うようになって、改めて再確認した。

「やっぱり使いやすい」

自分のWindows機には様々なcustomizeをしてきたし、自分の好みに合うようにいじり回した結果、他の人だと、僕のMachineに触れても、それがWindows機であるにもかかわらず、ほとんど動かせないほどになった。Keyboardの配列は特殊なものだし、タスクバーの位置も違う、Functionも違う、外見のThemeもWindowsっぽさがまったくないほど特殊なものだ。でも、Macをあらためて使って思った。

結局、僕はこれを使いたかったんだ。

使っているとなんだか気が置けない感じがする。なんだかよくわからないけど妙にそのシステムとかが操作感がしっくりくる。僕が「本来こうあるべき」と思うところを押さえた感じになってる。不思議だ。たぶんこれは、自分が最初にしっかり使ったコンピューターがMacだということに起因するんだと思う。最初に使ったコンピューターがDOSの人はやっぱりWindowsの方がしっくりくるのかもしれない。

けれども、ひょっとするとそれ以上に、Macの方が総合的なデザインとかは少し優れているということがあるのかもしれないと思う。こんなこと書くといろいろ叩かれそうだけど。

keyboardのタッチにこだわるかこだわらないかはいいキーボードを使ったことがあるかないかに起因するとか書いてるライターがいる。
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0407/26/news013.html?c

僕もこれはあると思う。僕はキータッチでもキー配列でも感じる。キー配列に関しては、僕は(そういう配列じゃない、いわゆる一般的なIBM的配列のキーボードでも使えるけど)Control keyが"a" keyの隣で、半角/全角を変えるキーがスペースバーの隣にないとかなりストレスを感じる。これはパソコンを使い始めてから4年間というもの、ずっとAppleの純正のキーボードを使い続けてきた弊害といって間違いない。そしてまた実際、僕のようなパソコンをワープロ的に使うよりも、コンピューターとして使うことのほうが多い人には、この配列の方がいい。

けれども、きっとそういうキーボードを使ったことがなかったら、そういう配列のキーボードを探そうとは思わなかったんじゃないかと思う。そうして、やむおえず、そういった配列のキーボードを探すことになる。また、僕の場合はそれに加えてある程度、キータッチにもこだわる。それというのもこのibookのキーボードが(マニアの人の中でもほとんど触れられないけど)意外に結構いいからだ。キーボード自体はたいしたことないのだが、めちゃめちゃibookのボディが堅く作ってあるので打ちやすいのである。この条件を満たすキーボードはめったにない(結局のところ今はHappy Hacking Keyboard Professional注1にAXキーボードのドライバをあてがって使ってる。)キーボードにこだわって、それに万単位の金をつぎ込む人はだいたいこういう感じで生まれるんじゃないかと思う。

僕はこれと同じようなことがOSにもいえるんじゃないかと思う。最初からWindowsを使っている人はそんなにWindowsをいじり回したりしない、けっこうそのまま使っている。下手すると壁紙も変えない。けれどもMacだった人が、仕事なりなんなりの関係でやむ終えずWindowsに乗り換えるとえらいことになる。

彼らは知って知らずか、何かの違和感をパソコンを使う中で感じて、自分のパソコンをいじり回すことになる。レジストリをいじるとか結構危険なことまでやる。ひどい人になるとこんな感じになる。初めてこういうデスクトップを見る人はちょっと信じられないだろうけど、これはまちがいなくWindowsXPだ。僕のパソコンはここまではいかないけど、結構近いものがあって、いままでで3人が僕のパソコンを使って(液晶の隣にはっきり"Fujitsu"って書いてあるにもかかわらず)、「やっぱりMacってよくわかんないね」といった。もちろん、彼らが使ったのは間違いなく、ちょっといじられたWindowsXPだ。

長くなってしまった、話をまとめよう。

古手のMacユーザーでWindowsにshiftした人が常にWindowsに文句を言ってても、(それは相当うざい事だとは思うけれども)できたら、彼の愚痴を聞いてあげてくれ。または同じくshiftしてWindowsを使っている人がひどくMacを馬鹿にしていても、それもできたら頷いてあげてくれ。彼らはMacがひどく好きでしょうがないんだ。また、いずれ歳月がすぎれば、そうしたものは風化してなくなってしまうから。

また、今現在Macを使っている人からメールやワードドキュメントが送られてきて、それが文字化けしていたり、改ページがいちいちずれてたりしても、そんなにいちいちぶち切れないであげてくれ。それはMacユーザーとしては最大限がんばった結果なのだし(きっとこう書くと、じゃあMacを使わなければいいじゃないというかもしれないけど)、彼らは彼らなりの合理性に基づいてMacを使っているのだから。

注1 25,000円もしやがった。キーボードにこれだけの金を投資するのは端から見れば狂気の沙汰であろう。
http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/hhkbpro/index.html

スポンサーサイト

  • 2019.05.02 Thursday
  • 07:10
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

    ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。

    recommend

    シンデレラマン
    シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

    ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。

    recommend

    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
    南條 範夫,山口 貴由
    山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。

    recommend

    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
    H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
    空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。

    recommend

    RAINBOW 1 (1)
    RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    安部 譲二, 柿崎 正澄
    お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを

    recommend

    現代マンガの全体像
    現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
    呉 智英
    僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし

    recommend

    ロートレック荘事件
    ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
    筒井 康隆
    大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい

    recommend

    鉄腕ガール (3)
    鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
    高橋 ツトム
    お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい

    recommend

    医学の10大発見―その歴史の真実
    医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
    マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
    すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。

    recommend

    覚悟のススメ 1 (1)
    覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    山口 貴由
    好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM