<< Wired News | main | パラサイト・イブ >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.10.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ジョジョの奇妙な冒険

    0
      こんなことをいう人がいる。曰く、「ジョジョが活躍しないから、第五部は嫌いだ。」

      しかしながら、この考え方は根本的に間違っている。ジョースター家かそうじゃないかなんて正直どうでもいい話なんだ。重要なのはそこじゃない。しかも、そもそもジョルノ・ジョバーナなんて、ジョースターを名乗ってすらいないじゃないか。ジョバーナ家の血統なんて知ったことか。もちろん、父親のブランドーの血統なんか問題にならない。問題になるのは、せいぜい空条家までだ(その意味で空条・ジョリーンはすこしは問題にすべきだ)。

      そう、重要なのはブルーノ・ブチャラティかブチャラティじゃないかだ。それに比べたらジョースターかジョースターじゃないかなんて瑣末な問題だ。考慮するにも及ばない。

      僕たちは第五部を読むときにもっともブチャラティに注目しなければならない。

      どうしてもブチャラティには心揺さぶられないという人(そんな人がいるとは信じがたいが)はせめてプロシュートを見てくれ。

      まったく、方向性はともかくやつらはすばらしいギャングスターだ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.10.10 Thursday
        • -
        • 03:51
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        まったくもって第五部は素晴らしいです。

        世界観としては1〜6部の中で最高、めちゃかっこいい。

        ジョジョが活躍しない?そんな馬鹿な。

        「このジョルノ・ジョバァーナには夢があるッ!」

        の台詞一つだけで十分活躍してると言えます。

        ただ、5部でたった一つ、そして最も大きな疑問は、何故ブチャラティは死んだのに生きていたのか?ということです。
        • おすぎ
        • 2004/11/10 10:20 AM
        おお、Sぎもと君、わかってくれるか。

        しかし、

        >ただ、5部でたった一つ、そして最も大き
        >な疑問は、何故ブチャラティは死んだのに
        >生きていたのか?ということです。

        この質問を見る限り、まだブチャラティの心が伝わりきっていないとしか思えない。

        なぜ心臓が止まっても生きてたのかって、それは

        「幹部として、リーダーとして心臓が止まったくらいで死んでいられるか!」

        ということだ。
        • くわだ
        • 2004/11/17 12:01 PM
        なるほど・・・

        僕には魂が伝わりきっていませんでした。

        自分の甘さと共に、ブチャラティのアツさを再認識しました。


        くわださんも髪が伸びたら、ブチャラティみたいな髪型にしてください!
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
        ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

        ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。
        recommend
        シンデレラマン
        シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

        ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。
        recommend
        シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
        シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
        南條 範夫,山口 貴由
        山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。
        recommend
        鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
        鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
        H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
        空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。
        recommend
        RAINBOW 1 (1)
        RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
        安部 譲二, 柿崎 正澄
        お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを
        recommend
        現代マンガの全体像
        現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
        呉 智英
        僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし
        recommend
        ロートレック荘事件
        ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
        筒井 康隆
        大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい
        recommend
        鉄腕ガール (3)
        鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
        高橋 ツトム
        お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい
        recommend
        医学の10大発見―その歴史の真実
        医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
        マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
        すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。
        recommend
        覚悟のススメ 1 (1)
        覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
        山口 貴由
        好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM