RAINBOW

  • 2005.01.06 Thursday
  • 23:22
安部譲二の原作になる漫画。以前に紹介した「鉄腕ガール」と同じく、ほっておくと余裕で人目に触れることなく風化していくことになるので紹介。

「鉄腕ガール」は作品自体は実にマイナーだとは言え、モーニングに連載していた。しかしながら、こいつはもっとひどい。なにしろ「ヤングサンデー」、略して「ヤンサン」である注1

少年誌、あるいは青年誌ではしばしば、競合誌に対抗するために、また勝ち馬に相乗りするために、他誌の売れている漫画と同系列の漫画を連載させることがある。例えば、少年ジャンプの「ワンピース」に対する、少年マガジンの「レイブ」であるとか、同「GTO」に対する、同「ROOKIES」であるとか。

翻って、今日紹介するRAINBOWはどうやら「鉄腕ガール」に対抗するものであるらしい。時代設定、絵柄などどうみてもそれとしか思えない。しかしなんでまた、別に当たったわけでもない鉄腕ガールに対抗しようと思ったのか?まったくの謎である。編集担当者が酩酊状態か、薬物乱用状態であったとしか思えない注2

しかしながら、掲載雑誌はともかくとしてこの作品はすばらしい。敗戦直後という時代を描くのに安部譲二を持ってきたところはさすがに小学館である。彼は少年院を舞台に、いわれのない暴力と、屈辱に耐えつつも、夢を持って、行動する少年達を描く。

その心情描写、描きたいとする焦点、舞台設定の緻密さなどを考えれば、この作品は文学的には鉄腕ガールよりも上位に来る。実際、私は上位だと思う。しかしながら、やはり高橋ツトムの躍動感のある線の前には漫画としてはやや劣るとしなければならないだろう。

けれども、私はこの作品は好きだ。

注1ちなみに2chのこの雑誌に関するスレッドの題名は「休刊…なのか!?週間ヤングサンデー 」である。
注2ちなみに上記スレッドの前々スレは「「ただいま迷走中?週刊ヤングサンデー」 である。

スポンサーサイト

  • 2019.05.02 Thursday
  • 23:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    僕はRAINBOWの方が好きです。
    主人公(何人?)の背景と時代背景に、絵柄や臨場感の表現がよくあってると思います。
    鉄腕ガールに対抗できるか、はまた別問題。

    しかしヤンサンはRAINBOW以外読むものがないですね…。ヤンジャンと発売日が同じあたり、勝負する気はあるんでしょうか…?


    blogが移転したんでリンク貼り直しをお願いします。
    m(_ _)m
    http://blog.drecom.jp/hit_and_run/
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
    ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

    ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。

    recommend

    シンデレラマン
    シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

    ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。

    recommend

    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
    シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
    南條 範夫,山口 貴由
    山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。

    recommend

    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
    鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
    H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
    空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。

    recommend

    RAINBOW 1 (1)
    RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    安部 譲二, 柿崎 正澄
    お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを

    recommend

    現代マンガの全体像
    現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
    呉 智英
    僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし

    recommend

    ロートレック荘事件
    ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
    筒井 康隆
    大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい

    recommend

    鉄腕ガール (3)
    鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
    高橋 ツトム
    お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい

    recommend

    医学の10大発見―その歴史の真実
    医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
    マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
    すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。

    recommend

    覚悟のススメ 1 (1)
    覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
    山口 貴由
    好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM