スポンサーサイト

0
    • 2013.10.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    究極の営業マン

    0
      「究極の営業マンとは?」

      この問いへの古典的な模範解答は

      「砂漠の酋長に砂を売る営業マン」
      「島国の王様に海水を売る営業マン」

      であることは賢明な読者諸氏ならご存知であろう。

      私も営業として5年目だが、売れない時期には常に「全く価値のない羽毛布団が50万円で売れるのだから、僕のこの商品が売れないわけがない」と自分を鼓舞したものである。

      さて、今日、読者諸氏に衝撃のニュースを紹介する。

      なんと

      砂漠の酋長に砂を売った営業マンは実在する!!!

      まさに衝撃の事実。快挙以外の何物でもない。営業の天才、究極の営業マンの名は彼にこそふさわしい。

      彼はオーストラリアの砂をサウジアラビアに売ることに成功したのである。

      もちろん、オーストラリア土産とかそういう誰でもできそうなものではない。純然たる建設用資材として、要するにコンクリの砂として、持続的に、何千トン単位で売ったのである。

      不可能だ。与えられた条件があまりにも不可能すぎて、できる気がしない。一体どうやったら、すぐそばに無尽蔵にあるものを、地球を半周させる輸送費を払って購入させることができるのか?無理以外の何物でもない。営業を超えて、もはや詐欺とか犯罪とか言われかねない領域だが、彼はまったく顧客をだましていない。砂を砂として売ったのだ。

      大変残念なことに以下のソースの中で、その偉業が事実であることは確認できたのだが、その偉業を人類の歴史の中で初めて成し遂げた、あらゆる営業の模範となるべき英雄がどんな人物なのかには触れられていない。

      どなたかこの天才が何者なのかを知っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、コメントお願いいたします。

      References
      David S. Landes 「富国論」三笠書房 2000年発行
      オーストラリア政府プレスリリース 2007年5月16日 "Aussies Sell Sand to Saudi"
      http://www.austrade.gov.au/Aussies-Sell-Sand-to-Saudi/default.aspx

      Re:時速70km、車間距離40mを守ると〜  その⊇詑擇慮能

      0
        先ほどの記事から、さらに思考を進めてみた。

        車の走行速度を80km、車間距離を40mとした場合には二車線の道路の処理能力は

        80*1000/3600/(40+4)*2=1.0101台/秒

        となる。ということは一時間に3636台しか処理できなく、それ以上、車が来た場合には当然にして1台につき、道路の前での待ち時間が約1秒ずつ増えていくことになる。300台来れば300秒待ち、3600台来れば、一時間待ちである。(ようするに渋滞)

        では、この時、道路の処理能力を高めるにはどうしたらいいだろう。二つほど考えられる。

        ー屬梁度を上昇させる
        ⊆峇峙離を縮める

        ,砲弔い討呂△訥度可能だ。みんなで100km/h出した場合には

        100*1000/3600/(40+4)*2=1.2626

        となり、20%の処理能力の向上が見込める。ただ、まあ実際にはトラックとかいるし、無理だよね。

        △呂なり可能である。安全のため、時速を20kmに落としたとしても、車間距離7mで

        20*1000/3600/(7+4)*2=1.0101

        でデフォルトの状態と五分であり、車間を3mまで詰めれば

        20*1000/3600/(3+4)*2=1.5873

        で驚異の処理能力を発揮できる。

        したがって、今日の結論は

        I.空いているうちは、交通法規に触れない範囲でスピードを出そう。
        II.渋滞の時は車間が極端に空かないように、前を見ていよう。運転席から離れて、煙草を吸ったり、トイレにいったりは後ろの車に迷惑がかからないように、なるべく避けよう。
        III.無意味に80km/hで走ったりするのはまじ意味ないので、やめよう。教習所で習ったとおり車の流れに乗った速度で走ろう。

        である。上記を実践されれば渋滞は回避できないが、より早く目的地に着けるかと思われる。賢明な読者諸兄には、上記は当たり前すぎて怒られてしまうかもしれないが、今一度確認された上で、楽しいGWと渋滞を楽しんでほしい。

        Re:時速70km、車間距離40mを守ると、渋滞が消滅する?

        0
          イセーイ君のサイトでこんなむちゃ言ってる人がいることを教わった。

          時速70km、車間距離40mを守ると、渋滞が消滅する?
          この人曰く、

          "車間距離を十分空けることです。高速道路の場合、車間距離40mが大きな分岐点になります。これを40m以下に詰めてしまうと、前のクルマがブレーキを踏んだとき、自分のクルマもブレーキを踏まざるを得ないということが実験結果などから分かっています。でも、40m以上空いていれば、前のクルマがブレーキを踏んでも自分のクルマはより強くブレーキを踏むということがないのです。つまり、後続車に対して「ブレーキを踏む」という連鎖が強まるか、弱まるかの境目が車間距離40mなのです。言い換えれば、40m以上空けていれば、後続車にブレーキが弱まって伝わるため、渋滞は発生しないということになります。 "

          もうね、馬鹿かと、あほかと。もしこんな話が本当なら道路の車線と、車の通行量はそのままネットワークの「トラヒック」に置き換えられるのだから、

          ”「ロードバランサ」さえつけておけば、どんなに多量のデータトラフィックが流れようが通信回線は「アナログ1本」で大丈夫”

          って話になる。そんなわけがあるか!!大体それならなんで、何本も車線があるんだ!!なんでめちゃ高いIP-VPN 100Mbps/sが売れるんだ!!

          例えば、道路の延長を1km、車線を片側2車線として、車の車体長を4m、車間を40mとったら、

          ((1*2)*1000)/(4+40)= 45.455

          45台以上車来たら、車間40m維持できないじゃん。無理やりみんなで維持したとしても、その分、その該当のところに進入するのに、その分待たなきゃいけないよね。で、その待ってる時ってどうなってる?待ってるってことは要は渋滞なんじゃないの?

          ていうわけで、無理なんですよ。全く。トラヒックに対して帯域が足りてないんだから、どうがんばっても無理なんです。聞き分けてください、お客さん!遅延を耐えるか、帯域を増やすしかないんです。

          そんなGWの心の叫び。

          IE8

          0
            IE8の正式版が出たということで導入してみた。

            今回のは素晴らしい。スピードも速いし、タブの操作も、タブグループという新しい概念を導入しているので、非常に使いやすい。今までのと同じく、セキュリティにも気を配っている。

            恐慌

            0
              いやあ、バブルの時は子供だったから覚えてないですが、すごいもんなんですね。

              オリンピック今日の一言

              0
                体操競技男子総合より

                解説者「アメリカのアテネフ、かなり鞍馬が得意な選手で高得点が期待されますが、こちらは冨田ですので」

                「冨田選手」だから、というそれだけでリーズニングをした解説者と、その期待通りの演技をした冨田選手がすげえ。

                ところで

                0
                  たぶん結婚します。明日、結納。

                  キーボード

                  0
                    会社のPCがノートからデスクトップになったのをいい機会に、今まで使っていたキーボードHHKB proを会社に持って行って、家のキーボードを買い替えました。

                    新しく買ったキーボードは伝説の

                    IBM spacesaver
                    http://mineko.fc2web.com/box/kb-room/items/unicomp-uni04c6.html


                    これはすごい。なにしろうるさい。どれぐらいかというと、キーを一回押すごとに、蛍光灯のスイッチをガチャガチャ引いた時のような音がするぐらい。残響音が頭に残るぐらい。なつかしのICQチャットのタイプライターをエミュレートした「ガチャガチャガチャキーン」という音を実際に放ってるぐらいうるさい。

                    で、キーボードとしては、まるでタイプライターのような打ち心地で非常によいです。なんというか、キーの裏側にそのままパンチが連動していて、それが画面に印字されるかのよう。

                    バックリングスプリングキーボード万歳!

                    また、spacesaverをUSBに変換した環境で利用しているので、その環境と、キー配列を認識させるためのレジストリの記入もしておく。

                    変換アダプタ Corega USB KM
                    レジストリ [HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥i8042prt¥Parameters]
                    LayerDriver JPN → KBD101.DLL (KBD106.DLLになってた)
                    OverrideKeyboardIdentifier → PCAT_101KEY (PCAT_106KEYになってた)
                    OverrideKeyboardSubtype → 0 (2になってた)


                    反社会学講座 (ちくま文庫 ま 33-1)

                    0
                      「社会学の9割はヘリクツと学者の思いつきでできてます」から始まる、ちょっとダークな社会学講座。年代別統計で、「最もキレていた17歳は昭和18年生まれの方々」とか日本中に広がる「ふれあい」公共施設分布度数とその傾向とか、ちょっと面白い話がたくさんはいっている。日夜デッドボディカウンティングに忙しいであろうディベーター諸君向けの社会学講座と言え、またそれがいかに非難されようともある意味で社会学の本流であることを示す良書。少なくとも僕は割と気に入った。

                      妄想科学読本

                      0
                        休日で暇だったのでザクマシンガンについて考えてみた。なおこれ以降の記事に関しては専門用語が飛び交うため、「ザクマシンガン」という語彙にピンとこない方は読んでも面白くないかもしれない。また、基本語彙に対して注釈はつけない。ただ、ザクマシンガンという語彙にピンと来て、かつ理系の方はぜひ最後まで読み切っていただきたい。

                        ザクマシンガンについて、まず下記のwikipediaを参考にされたい。

                        http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%AF

                        "120mmマシンガン
                        主にザクが使用していたことから通称「ザク・マシンガン」と呼ばれる主要携帯兵装であるマシンガン。薬室上部のドラムマガジンと呼ばれる円盤型弾倉から給弾される。ザクI登場時に開発されていた105mmザク・マシンガン(型式番号:ZMP-47D 内部の僅かな改造により120价討鮖藩僂靴進もある)や120mmザク・マシンガン(型式番号:ZMP-50B)の発展型でありドラムマガジンは水平型に改められている。型式番号は「ZMP-50D (M-120A1) 」、「ZMC38III」、「MMP-78」などいくつものパターンがあり、細部の仕様もそれぞれ異なり、これは生産会社や工場によるバリエーションであるとされる。開発時には敵機として宇宙艦艇や宇宙戦闘機を想定していたため、破壊力を重視した榴弾や徹甲榴弾を使用する。また、宇宙での運用が前提となっていたため、射撃時の反動を軽減するため砲弾の初速は比較的抑えられている。そのため、地球連邦軍がMSを実戦投入すると低い貫通力という問題点が浮上することとなった。"


                        よって、

                        前提 .競マシンガンは宇宙空間で発射できる。
                        前提◆.競マシンガンの想定敵機は宇宙艦艇である。
                        前提 ザクマシンガンの速度には初速、中速、終速がどうもあるらしい。しかも、初速が抑えられているらしい。

                        で、問題を少しずつ明らかにしていこう。

                        まず、前提,茲螢競マシンガンは宇宙空間で発射できる性能を持っていなければいけない。もちろん宇宙には空気は存在しないため、何らかの形で酸素を供給する必要がある。この前提は恐らく、弾頭が2層式になっており、銃底をハンマーが叩くことで爆発が起こるのではないかという仮定をわれわれに起こさせる。この時点でも「マシンガンなんじゃなくて多連射ミサイルとでも呼ぶべきじゃね?」という疑問を我々に呼び起こす。

                        ところが、そこで待ち受けるのは前提△任△襦そう、ザクの仮想敵は宇宙艦艇なのである。宇宙艦艇と言えば、即座に思い当たるのががあの分厚い装甲である。それは大気圏突破及び突入の際に艦艇を守るものであり、非常に厚いことが容易に想像できる。データが手に入っていないが、戦闘を想定していない現代のスペースシャトルでも大概分厚そうである。ましてや、戦闘を想定して作られた連邦の宇宙戦艦がどれほどのものか。

                        ところが、そもそもザクマシンガンはたったの120mmしかないのである。120mmといえば、僕が乗っていた船に積んであった主砲と大差ない。また、見たところ、銃の基本構造に大幅な変化があったとは思えず、弾丸のサイズもおそらく大きくは変えられないはずである。さらに持ってきて、上述の2層構造である。さらに徹甲弾の金属は減らされ貫通力は下がる。こんなもので、宇宙艦艇を落とせるのだろうかというのは当然の疑問であり、また落ちるはずがないというのも当然の帰結である。

                        しかしながら、真実は「落とせる」。なぜなら、1年戦争において実際にザクマシンガンによって、宇宙戦艦は何隻となく落とされ、地球連邦軍は壊滅的打撃を受けているからである。ならば観測された事実によって、仮説は覆され、事実を説明可能な仮説によって再構成されなければならない。ザクとはまさに予想された戦力を大きく上回る戦闘力を持つ超兵器であったのだ。※1

                        では、なぜザクマシンガンは連邦の艦艇の装甲を貫くことができたのか。坊やだからではあるまい。もちろん、ジオンに正義があるからでもない。

                        ここで我々が思い出さなければならないのは、前提の部分である。ザクマシンガンは初速は遅く、その後加速していくという部分だ。しかし、銃口から発出された後はなんらの推進装置を持たない銃弾がどうやって加速するのだろうか。宇宙空間であるから初速も中速も、終速もあり得ないのではないか。

                        私はその答えを地球の自転と艦艇自体の速度に求めたい。赤道では1700km/hにも達する地球の自転によって、地球周辺であれば、発射後、重力にからめとられた弾丸が加速していくことはありうる様に思う。実際にスターダストが人工衛星にぶち当たるとかは聞く話でもあるし、なくはないだろう。この力を利用して、弾丸を加速させ、艦艇の装甲を抜くエネルギーを弾頭に与えるのである。つまり、ザクマシンガンで攻撃するときは常に地球の自転の向きを背にして敵艦艇に相対し、かつ弾丸の加速に十分な距離を保持しなければならない。また、地球連邦の艦艇自体の速度も考えられる。宇宙空間であるため高速で移動していることから、地球の引力が及ばない地点での戦闘ではこれを利用し、常に相手の進行方向に先回りすることによって、装甲を抜けるかもしれない。

                        なんと困難な戦闘だろうか。宇宙時代の戦闘であるにも関わらず、その風景は常に風上を取ろうと旋回を続ける大航海時代の海戦のようである。しかも、この状況にもかかわらず、お互いに宇宙速度で移動し続けるのである。

                        ここまで考えたとき、シャアが初戦で落としたという戦艦三隻という戦果がいかにとてつもない技量を示すものであるかを我々は十分に評価することができる。それはまさにニュータイプと呼ばれるにふさわしい、人間技を超えた戦績である。また、ここで我々はRX-78-2ガンダムに搭載されたビームライフルという、地球の自転の向き、相手の進行方向を無視して攻撃可能な兵器がどれほどすさまじい戦力を持っていたかを正確に判断できる。


                        以上が私の思索である。ぜひ、難癖付けたり、数値で証明したり暇な人はしてほしい。

                        ※1 これほどの戦闘力をザクが持っているとは実際に戦闘するまではジオン軍ですら半信半疑であったに違いない。事実、ジオン軍で1年戦争前に主力とされたのはドズル率いる宇宙艦艇部隊であり、モビルスーツ部隊はキシリアが率いるマイナーなどちらかといえば補助部隊として位置づけられていることからも明らかである。

                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        recommend
                        ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
                        ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) (JUGEMレビュー »)

                        ロッキーカムバックを証明する作品。レビューは2007/10/19を参照されたい。
                        recommend
                        シンデレラマン
                        シンデレラマン (JUGEMレビュー »)

                        ボクシングファンには面白い映画。ただマジソンスクエアガーデン、何それ?って人にはむかないかも。レビューは8/27のものを。
                        recommend
                        シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
                        シグルイ 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) (JUGEMレビュー »)
                        南條 範夫,山口 貴由
                        山口氏の世界観と武士道の奇妙な融合が楽しめます。「やってくれた哉」など、奇怪な言葉(武家言葉ではない気がする)が飛び交う世界。そして、「武家の風習」がさも正しげに書いてありますが、やっぱりちょっとずれてる気がする。正に「士狂い」の世界。レビューは9/18のものを参照ください。
                        recommend
                        鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活
                        鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (JUGEMレビュー »)
                        H.シュテュンプケ 日高 敏隆 羽田 節子
                        空想上で哺乳類の目を一つ作ってしまい、しかも詳細をがちがちに作りこんだ所が大好きです。
                        recommend
                        RAINBOW 1 (1)
                        RAINBOW 1 (1) (JUGEMレビュー »)
                        安部 譲二, 柿崎 正澄
                        お勧めです。読むと、「安部譲二でもやっぱり作家なんだなあ、漫画家とはちょっと違うんだなあ」とふと思ったりするかも。レビューは1/6のものを
                        recommend
                        現代マンガの全体像
                        現代マンガの全体像 (JUGEMレビュー »)
                        呉 智英
                        僕の知る限り、もっともすばらしい漫画評論の単行本、評論の本なのでレビューはなし
                        recommend
                        ロートレック荘事件
                        ロートレック荘事件 (JUGEMレビュー »)
                        筒井 康隆
                        大変お勧め。推理小説として、他に類を見ない技法。レビューは6/5のものを参照下さい
                        recommend
                        鉄腕ガール (3)
                        鉄腕ガール (3) (JUGEMレビュー »)
                        高橋 ツトム
                        お勧めです。調べたら、文庫版でも出てるらしい。できることならコミックスでどうぞ。レビューは5/6のものを参照下さい
                        recommend
                        医学の10大発見―その歴史の真実
                        医学の10大発見―その歴史の真実 (JUGEMレビュー »)
                        マイヤー フリードマン ジェラルド・W. フリードランド Meyer Friedman Gerald W. Friedland 鈴木 邑
                        すばらしい一冊。教養人たるあなたの本棚に是非。レビューは5/1のものを参照下さい。
                        recommend
                        覚悟のススメ 1 (1)
                        覚悟のススメ 1 (1) (JUGEMレビュー »)
                        山口 貴由
                        好みがあえば面白い。レビューは7/25日のものを参照されたい。
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM